解約を告げに、エステ店に行ってはいけない

仕方ないと言えば、仕方ないのですが、

どうも、お客様は解約の際に、エステサロンに行ってしまうようです。

通常、解約するとなったら口頭で済ませる、と思うのが普通です。まして、相手方がわざわざ「解約は書面でしていただくことになっていますので、書面をお送りください。」とは教えてくれないでしょうし。

善意のエステ店であれば、口頭でもすぐに解約手続きをとってくれるでしょう。

でも、問題あるエステ店というのはまだまだ多いようです。

不愉快な思いをしないためにも、解約を口頭で告げるより前に「書面で解約通知」をしましょう。

こちらでも、口頭で解約を告げる危険を書きました。

現に、エステ解約相談を受けている中で、実感することで。

エステ店に行ってしまったがために、クーリングオフの機会を逸してしまったというケースがよくあります。

また、びっくりするものの中には、解約するならもう不要ですよね?と、持って行った契約書を破られてしまったり。

この記事を読んでくださった方は、エステの解約は必ず書面で行いましょう。

また、単なるハガキでは弱いように思います。法律知識のあることを含ませた内容の内容証明で送ると、より安心です。

エルセーヌの中途解約はこちら

→エステのクーリングオフ代行

→料金案内・クレジット決済可

→お申込み・ご相談

sita-shasinn.JPG

このページの先頭へ